【初心者は注目】シェアハウス投資のメリット

不動産をリノベーション

コストが低く利益率が高い

握手

不動産投資で最近人気があるのがシェアハウスの経営です。シェアハウスとは1人1人の部屋とは別に、共同利用できる共用のスペースをもった賃貸住宅です。共同住宅でしかできない住民同士の交流を楽しめるので、日本人はもちろん外国人にも人気があります。シェアハウスを利用したいのは若者が多く、住民同士でコミュニケーションを取って、暮らしていけるので、1人暮らしが寂しい人は特に利用しています。シェアハウスは投資物件としても非常に魅力的です。最近は中古の一戸建てを購入後、リノベーションしてデザイン住宅に匹敵するシェアハウスにするのが人気があります。シェアハウスは若者に人気なので、デザインにこだわったお洒落にすれば、すぐに入居者は見つかります。中古の一戸建ては、探せば土地付きで安いものがたくさんあります。リノベーションならば建築コストも低いですし、税金の面でも有利です。シェアハウスは一戸建てに数人で生活するので、家賃も人数分です。ワンルームマンションや一戸建てと違い、空室リスクも少ないのも大きな魅力です。シェアハウスは共同スペースがあり、掃除などは入居者が行います。入居者次第ではオーナーは手をかける必要もなく、経営していくのが楽です。アパートやマンションの不動産投資もいいですが、コストとリスクの面から考えると、シェアハウス投資がオススメです。良い不動産会社とリノベーション業者を見つければ、鬼に金棒です。

コンセプトの決め方が重要

婦人

シェアハウスに投資するケースが増えています。その理由は入居者の確保が一般のアパートよりもしやすいからです。一般のアパートは1人1人が賃貸の対象になりますが、シェアハウスの場合は複数の入居者を対象にすることができるのです。例えば漫画家を目指す人たちのためのシェアハウスなどのように、コンセプトによって入居者を集めることができます。シェアハウス投資をするためには、自己所有の不動産がシェアハウスに向いているかどうかをチェックします。リビングやトイレやバスは共同利用になるので、各部屋に鍵を取り付けることから始めます。その他にも共同生活に不便な箇所があれば補修工事を行う必要があります。補修工事やリフォーム工事が必要になると、投資の旨味がなくなるので事前に費用対効果などを計算しておきます。シェアハウス投資をしても採算が合うとなれば、どのようなコンセプトにするのかを決めます。漫画家を目指す人たちを入居させるのか、音楽関係の人たちにするかなどを決めるのです。コンセプトの決め方によって入居率も変わってくるので、とても大事です。最後に管理の方法を決めます。オーナー自身が一室に住み込んで自分で管理を行う場合と、管理の専門会社に委託する方法があります。専門会社に委託すると費用が発生します。入居者の人数と、男性か女性かによっても管理の方法が変わってきます。入居者の募集を不動産会社に依頼する場合、管理も一緒に任せるのが一般的です。

コスパがいい

握手

今不動産投資の対象として、注目を集めているものにシェアハウスがあります。シェアハウスとは共同住宅の台所やトイレやお風呂などをシェアしあって、部屋はそれぞれの個室に住むという今はやりの賃貸スタイルのことです。投資対象としてのシェアハウスのメリットは、一つの住宅で多くの入居者が見込めるため利益率が高くなることです。これが個別の賃貸住宅でシェアハウスと同じ数の入居者を集めようとすれば、複数の物件が必要なのです。またシェアハウスなら一度に入居者全員が引っ越す可能性も低く、家賃収入がすべてなくなることがなく収入が安定します。さらにシェアハウスの利用者はスポット的に入居したい人もいるので、借り手がすぐに見つかりやすいのです。しかし全くノウハウを持たないで、シェアハウス投資を行うのは難しいです。まだシェアハウスはその歴史も浅く、単独で運営していくと問題が起きたときに解決に時間がかかってしまいオーナーの負担も大きくなります。さらに入居者が複数のため、人間関係のトラブルも起きることがあるので対応が大変なこともあります。そのためシェアハウス投資を行うなら、やはり経験豊富なプロに運営を任せるのがベストです。専門のプロなら物件の設備の維持管理や入居者間のトラブルシューティングなど、一括して対応してくれるのでストレスなく運営できます。シェアハウス運営のプロなら蓄積されたノウハウで集客も行ってくれるので、空き室で悩むことがなくなります。