【初心者は注目】シェアハウス投資のメリット

賃貸物件をシェアします

利益を集めるため

通貨

ここ数年で、車をシェアするカーシェアリングが急速に広まるなど、シェアリングビジネスが大きく注目されています。そして、賃貸物件でもシェアリングビジネスが行われています。賃貸物件のシェアリングサービスは一般的にシェアハウスと呼ばれています。シェアハウスとは、リビングやキッチン、お風呂場トイレなどを共用スペースとしつつ、各自がそれぞれの個室を持つ賃貸形態です。学校や会社の寮をイメージするとわかりやすいです。シェアハウスはキッチンやお風呂場などが共用であるがゆえに、設備投資を抑えることができ、また、個室は寝る広さがあればよいくらいなので、より多くの入居者を確保できるというメリットがあります。個室が小さい分、1人当たりから受け取る賃料は安くなりますが、その分、入居者数でカバーするイメージです。物を借りることに抵抗感がない人が増えてきたことや、外国人労働者の増加、異文化交流を図りたいという若者が増加していることを背景にシェアハウスを借りたいというニーズは強いです。シェアハウス投資はワンルームマンション投資等よりも高い収入を得ることができますが、入居者が多い分、管理にも手間がかかります。ただ、最近では、シェアハウスを管理する業者も増えてきています。シェアハウスを管理する業者に運営を任せて、物件の提供のみを行っていくという投資手法に割り切れば、物件オーナーは資産規模を効率よく拡大させることができます。

安価な住宅と高い収益

男女

人間にとって衣食住は生きていく上で欠かせないものですが、その中でも負担が大きいのが住居費です。都会など慢性的な住宅不足の地域では、高額な居住費が必要であり、そのため郊外で済み通勤通学するといったケースも多く見られます。一方で日中の多くは外で働いたり勉強しているため、実際にその住宅にいるのは現役時代には半分程度になります。そのため居住費を少しでも下げようと、安価な物件を探す人も多くいます。そのような人にニーズがあるのが、シェアハウスです。シェアハウスは1つの住宅を部屋単位で貸し出すというものです。主にシェアハウスは一戸建て住宅での形態を指しており、ファミリー向けマンションなどの場合にはルームシェアと呼ばれます。入居者から見れば居住費を低く抑えられるメリットがあり人気があります。一方でシェアハウスは投資としても魅力的です。一戸建ての家を複数の人に貸し出す事ができるので、多くの収益を得ることができるからです。また不動産投資では空室率によって収入が途絶えますが、シェアハウスでは、複数の人に貸し出すので空室率が急激に減るというリスクが小さいといえます。またシェアハウスは水回りは共同となるので建物を維持するための費用や、貸し出すための投資も最小限にすることができるといったメリットもあります。このように入居者をオーナーのニーズが一致しているシェアハウスは住宅事情の悪い都市部において空き家の有効活用として投資する人も増えています。

共同生活が若者に人気

男女

長引く低金利政策を反映して、近年では不動産投資が盛んになっています。そんな中、新しいタイプの投資手段として注目を集めているのが、シェアハウスの経営です。シェアハウスとは、入居者同士による共同生活をベースとした賃貸住宅です。個室スペースはあるものの広さや設備は最小限で、キッチン・食堂・浴室・トイレなどは共用です。一昔前の学生下宿に似たスタイルですが、より生活の自由度が高く、また管理会社による近代的な運営が行われるのが特徴です。多くの不動産オーナーにシェアハウス経営が選ばれている理由はさまざまありますが、第一に挙げられるのが、従来の賃貸投資との差別化が図れるという点です。メディア報道でも見かける通り、現在ではアパートや賃貸マンションが供給過剰気味となっており、今から経営に参入しても期待通りの収益が上げられるかどうか不透明な状況にあります。しかしシェアハウスがわが国で広く知られるようになったのは2000年代以降であり、市場にはまだ成長の余地があります。見知らぬ者同士が1つ屋根の下で暮らすという新鮮さから、シェアハウスは若い人たちの間で人気が上昇しています。こうしたことから、投資対象としての将来性に期待が持てるのです。また、シェアハウスの様態自体にも従来にない利点が存在します。というのもシェアハウスはアパート等よりも居室部分が小さくて済むことから、定員を多くとることができます。そのため、退去者が出ても収入ゼロ期間が発生するリスクが通常の賃貸住宅より小さいのです。