【初心者は注目】シェアハウス投資のメリット

新しい賃貸の形

近年の需要に合った不動産

インテリア

不動産投資の中でも、最近注目を集めるのがシェアハウス投資です。シェアハウスは、若者を中心に人気の、新しい賃貸の形です。トイレなどの共有スペースと完全な個室が与えられ、一つの家で共同生活を行うのです。シェアハウスの需要は、ここ数年内で需要が伸びています。今後も利用者は増えると予想されています。その需要から、女性専用やペット可のシェアハウスなど、種類も増えてきています。だからこそ、投資もしやすくなってきます。シェアハウスは、満室になりやすく、一つの家から数人の家賃を回収できるメリットがあります。入居者にとっては、家賃が安いというメリットや、家具を買う費用がいらないことから、高い入居率が望めます。不動産投資の中で、重要なのが入居率の割合です。シェアハウスなら、一人いなくなってもその家には誰かがいるという状況です。その為シェアハウス投資は、投資をしたものの、人が住まないというデメリットが発生しにくいのです。また、管理がしやすいのも、注目される一つの理由です。マンションなどは、水回りが壊れたら、他の部屋にも影響が出て、修繕費が多くかかる場合もあります。シェアハウスは、水回りなどは共有なので、修繕箇所が少なくすみます。一人でも管理が行き届くので、不動産投資の不安を減らすことができます。上記したように、シェアハウスの需要は増えてきています。だからこそ、不動産投資をしたいと思ったときに始めやすいのです。

人を呼び込むために

男性

新しい生活の形としてシェアハウスが注目されています。シェアハウスとは、自分の部屋以外に共有スペースを伴った住居のことです。共有部分としてはキッチンやトイレなどが挙げられます。他にもバスやラウンジなどがあります。また、最近では、特徴的なシェアハウスも増えてきており、シアタールームやフィットネススタジオを備えた物件もあります。同じ趣味を持つ人がコミュニティ形成できる場所としても利用できるので、シェアハウスの人気は年々高まっています。この状況を受けて、シェアハウスに投資をする人もじわじわと増えています。共用スペースを設ける必要があるものの、トイレやキッチン、お風呂場などは部屋ごとに設置する必要がないため、設備投資額や修繕費用を抑えることができます。また、入居者の個室は一般賃貸物件よりも小さくて済むため、同じ広さの物件でもより多くの人を入居させることができます。そのため、一般の賃貸物件に投資をするよりも高い利回りを見込めるだけでなく、リスク分散にもなります。シェアハウス投資はまだまだ始まったばかりであり、参入者も少ないのでチャンスは大きいです。シェアハウス投資で成功するためのポイントは、共用スペースを充実させることです。共用スペースに特徴を持たせることで、対象者は狭めることになりますが、逆に強いニーズをキープすることができ、空き待ちの状況を作り出すことができます。工夫を凝らせば家賃を相場よりも高くしても、入居者が決まる可能性は高いです。

人気があり収益性が高い

お金

不動産投資としてはアパート経営やマンション経営などがありますが、その中でも最近人気となっているのがシェアハウスの経営です。シェアハウスとは複数の入居者が個室を持ちながらもキッチンやリビングなどの共有スペースを利用しながら生活する共同住宅であり、都市部を中心にして利用者も増えています。利用者が多いということもあって不動産投資の中でもシェアハウスは人気となっているのですが、シェアハウスへの投資が人気となっているのには他にも理由があります。大きな理由としては、他の不動産投資と比べるとシェアハウスは収益性がとても高いということが挙げられます。不動産投資を行う上でどれぐらい利益を得られるかというのはとても重要なことです。アパートやマンションと比べると複数の入居者から家賃収入を得ることが出来るシェアハウスはそれだけ収益性が高いとして人気となっているのです。また、最近のシェアハウスの人気から入居希望者が多いというのも重要です。不動産投資をする上で空き室対策というのはとても重要であり、空き室がある期間が長ければそれだけ利益を得る機会を損失しているということにもなります。シェアハウスは相場よりも安く住むことが出来るということもあって人気が高まっており、空室が出来にくいという特徴があるのです。また、部屋数を分割しているために完全に空室になるということが少ないために安定した家賃収入を得ることが出来るというのもシェアハウスが人気となっている理由でもあります。