【初心者は注目】シェアハウス投資のメリット

不労収入を得よう

費用を抑え利益が得やすい

レディ

若者たちの住まいとして人気の一つがシェアハウスです。シェアハウスは、個室以外の部分は共有スペースとなっています。そして、トイレや台所などを一緒に使って、他人同士が生活していきます。家賃が比較的安くすむので、都内などの家賃が高い場所でも住みやすくなっています。初期費用も抑えられるので、進学や就職などのタイミングで上京する人にとって、一つの選択肢になるのです。不動産投資の中に、このシェアハウスの投資があります。シェアハウスの投資や、そのメリットとは一体何なのでしょうか。シェアハウス投資とは、簡単に言えば家賃収入による不労収入が得られることです。シェアハウスは、1戸建てやマンションの一室に何人も住ませます。本来ならば、一人分しか受け取れない家賃が、数人分になるので、不労収入での利益が得やすいのです。複数人から家賃を回収できるため、一人あたりの家賃を安くすることができます。だから、入居者も入りやすいです。また、一部屋単位の貸出なので、部屋がまるごと空くことはなく、空き部屋や家を作らずに済みます。シェアハウスの投資を始めるにあたって、家を購入する費用が必要です。しかし、シェアハウスはそれ用にリフォームをします。だから、新築を買う必要はありません。中古物件などを購入し、リフォームすることで、費用も抑えることができます。新築を買う費用よりだいぶ費用を減らせるでしょう。一戸建てなら、シェアハウス投資をやめたあと、もう一度リフォームすれば元通りです。それを、一戸建ての希望者に賃貸に出すこともできます。リスクはありますが、不動産投資としては始めやすいのが、シェアハウス投資でしょう。

無収入というリスクヘッジ

女性

若い人を中心に人気となっている新たなスタイルとしてシェアハウスの需要が高くなっており、知らない人同士で同じ家で暮らす事で、安い家賃、そして人とのつながりを感じる生活を送る事が出来る様になりました。そこで人気のシェアハウスへ投資をする事で、不動産投資を行い、資産運用が可能にもなりました。人気のシェアハウスのオーナーとなり、複数の人へ部屋を貸す事で賃貸収入を得られ、かつ複数の借り手がいるシェアハウスでは、無収入のリスクを減らす事も可能です。特に人気の物件としては、一軒家をシェアハウス用にリフォームする事で、個人個人の部屋を提供でき、かつ共有スペースの提供も可能となります。最初は数名程度が生活出来る様な物件に絞って、一軒家を探し、シェアハウス用に内装を変えていくと良いでしょう。投資をする上で、借り手を見つける事が利益を得るためには非常に重要となりますが、管理会社へすべて委託する事も出来ますので、日々の管理は管理会社へ一括で外注する方法も検討が出来ます。中には、家賃保証の管理会社もありますので、ただ物件を提供するだけで構いません。シェアハウスは見知らぬ人との生活を行う場所のため、大家としていくつかのルールを決めておくのも良いでしょう。今後のトラブルを避けるためにも、そのルールに同意出来る人にのみ貸し出すのも一つの方法です。無収入のリスクを回避出来るシェアハウスへの投資で、将来の資産形成を行ないましょう。

ケーススタディを参考に

内観

若い人を中心にシェアハウスへの人気が高まっており、現在多くのシェアハウスが登場する様になりました。入居者にとってはワンルームの部屋を借りるよりも安い賃料で住む事ができ、かつ様々な人と共同生活を通して知り合いが出来たり、日々交流が出来るメリットがあります。そんなシェアハウスへ新たに投資する人も増え、大家として運用する投資方法が注目されています。複数の入居者がいる点から、家賃収入が安定的であり、かつリスクヘッジも出来る投資手法として人気となっています。しかし、すでに数多くのシェアハウスが展開されている現代ですので、まずは魅力的な部屋にする事が非常に重要です。近年は女性限定や、同じ趣味を持つ人のためのシェアハウスも展開される様になり、需要に合わせてリフォームするケースもあります。実際のケーススタディを参考にしながらリフォームの計画を立ててみましょう。特に若い世代は、シェアハウスにおしゃれで洗練されたイメージを持つ人も多いため、外観や内装で入居者を集められるかどうか重要な意味を持つでしょう。そしてシェアハウスとしてだけではなく、その後の出口戦略も見据えた投資が出来る魅力もあります。将来的にシェアハウスの物件を違う形に再度リフォームする事で、その時々の需要に合わせた運用も可能です。二世帯住宅へ変更したり、一軒家として貸し出したり、不動産をより長期的な視点で検討し、投資運用をしていくと良いでしょう。